普段、顔にニキビがあらわれないという女性でも、生理前になると同じ場所にニキビがあらわれるということはありませんか?

生理前だから仕方ないかな…と諦めている方もいるかもしれませんが、実はこの症状は頭皮にもいえることで、生理前になると頭皮湿疹があらわれる方がいらっしゃいます。

●生理前におこる頭皮湿疹を予防する

生理前にあらわれる頭皮湿疹を予防するためには、まず、頭皮を清潔な状態にキープすることが大切です。

生理前にあらわれる頭皮湿疹には、女性ホルモンが大きく関係しているといわれています。

頭皮を清潔に保つには、まずシャンプーから見直してみましょう。

今、あなたはどんなシャンプー剤を使用していますか?

頭皮への刺激は、皮脂の過剰分泌からの頭皮湿疹を招いてしまいますから、シャンプー剤は刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーを使用してください。

シャンプー後は、髪と地肌をタオルドライとドライヤーでしっかり乾かすことを心がけてください。

もともと頭皮の乾燥を感じている方は、ドライヤーで頭皮が余計に乾燥してしまうのでは?とドライヤーの使用を控えている方もいらっしゃるかと思います。

そういった乾燥頭皮の方は、ドライヤーを地肌から30センチ以上離して使用してください。

髪と頭皮をしっかり乾かさないと、髪の水分がどんどん蒸発してしまい、清潔な頭皮からは遠ざかってしまいます。

生理前に頭皮湿疹があらわれるという方は、まず、髪の乾かし方から見直し、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

また、これ以外にも、生理前の便秘を解消することで、頭皮湿疹の予防に繋がります。

海藻類やキノコ、野菜などからビタミンや食物繊維をたっぷり補給し、便秘を解消してください。

生理前の頭皮湿疹を予防するためには、腸内環境を整えることが重要です。

●生理前と頭皮湿疹との関係性

生理前というと、顔などにニキビがあらわれる女性は多いと思います。

これは頭皮湿疹にもいえることで、女性ホルモンが大きく関係しているといわれています。

排卵日から生理がはじまる前は、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが多く分泌されます。

これは頭皮湿疹の原因となっています。

プロゲステロンは女性ホルモンではありますが、男性ホルモンと非常によく似た性質をもっていますので、皮脂を過剰に分泌し、便秘を招きます。

皮脂の過剰分泌は、毛穴に詰まってしまうことでそこに雑菌が繁殖してしまうので、それが頭皮湿疹の原因になっているようです。